ものづくり/シャツのイロハ

ワイシャツのちょっとした知識

当社の一般的なメンズドレスシャツについてのご紹介です。

第10回
化学繊維のはなし 2

化学繊維とは
化学的な方法で人工的に作り出した繊維の総称が化学繊維です。原料や製法によって合成繊維、半合成繊維、再生繊維に分けられます。
近年の生産比率は化学繊維が約75%、天然繊維が約25%で、登場から100年余りで圧倒的に化学繊維の生産量が増加しています。


合成繊維2

合成繊維

ポリウレタン弾性繊維

ポリウレタン弾性繊維は、1940年ドイツで開発された繊維自体がゴムのように伸び縮みする繊維です。通常は芯にして天然繊維や化学繊維を巻いて使用されています。一般名は「スパンデックス」と呼び、用途はランジェリー、ファンデーション、パンディーストッキング、靴下、水着、スポーツウエアのほか一般衣料にも使われることが多く塩素系の漂白剤で脆化黄変するという欠点が有ります。

合成繊維

PTT繊維

PTT繊維(ポリトリメチレンテレフタレート)はポリエステルの仲間で開発当初はポリウレタン弾性繊維以来の大型商品として評判になりました。高い伸縮性と回復力、しわになりにくく型崩れしにくい形態安定性とナイロンの柔らかさをもち、低温で染色が可能なため天然繊維との交織、交編などの複合が容易です。原料をトウモロコシから製造するバイオ技術が確立されたことでも脚光を集めました。

合成繊維

ポリプロピレン

ポリプロピレンは、合成繊維の中で最も軽くて水に浮きます。また吸水性がなく、撥水・防汚性の特徴をもっている。他の合成繊維に比べて耐熱性が低い一面をもっています。
衣料では靴下などに使われています。最近は保温性インナーなどにも使われ始めています。

合成繊維

ポリ乳酸(PLA)繊維

ポリ乳酸(PLA)繊維は、トウモロコシなどから得られるでんぷんを原料にした繊維です。土中に埋めると微生物によって水と二酸化炭素に分解されるため,生分解繊維(*)として注目を集めています。染色性や耐熱性及び摩擦堅牢度が悪い等、物性面では課題を残すものの、衣料分野から産業分野まで幅広い用途での展開が進んでいます。


半合成繊維

セルロースやたんぱく質のような天然に存在する高分子に薬品を加えて作った繊維です。

半合成繊維

アセテート

レーヨンと同様にパルプを原料にしています。レーヨンと異なるのはパルプに酢酸を化学的に作用させているため、植物性繊維の性質と合成繊維の性質を合わせもっています。絹の様な風合いで吸湿性や吸水性にも優れておりプリーツ性もあるので主に婦人物に用いられています。

半合成繊維

トリアセテート

トリアセテートはアセテートより酢酸が多く結びついた繊維で、アセテートより吸湿性が少なく耐熱性に優れています。


再生繊維

パルプや綿の実から綿花を取った後に残った短い繊維のコットンリンターに含まれるセルロースを一度薬品で溶かし、繊維に再生して生産するので再生繊維と呼ばれます。

再生繊維

レーヨン

パルプを原料とし、日本で最初に商業生産された化学長繊維は好人物に多く使われ、短繊維(トウ)はタバコのフィルターに使われています。
繊維です。長繊維を人造絹糸、短繊維をスフと呼んだ時代もあります。吸湿性に優れ、混紡や交織に適しており染色性に優れるという長所がある一方、熱に弱く、水に濡れると強度低下し、洗濯で縮みやすくシワになりやすいという欠点が有ります。多くの合繊メーカーの祖業で、東レと帝人の旧社名は、それぞれ東洋レーヨン、帝国人造絹絲と言いました。ポリエステルをはじめ合成繊維の拡大により事業からの撤収が相次ぎ、長繊維は2002年4月をもって日本国内の生産は無くなりました。

● レーヨン繊維の走査型電子顕微鏡写真(側面)

image

● レーヨン繊維の走査型電子顕微鏡写真(断面)

image

再生繊維

キュプラ

キュプラは、コットンリンターを原料にしています。非常に細い糸ができ、しなやかで絹のように肌触りが良くレーヨンより強度に優れています。用途は裏地が中心ですが最近はアウター用への展開も進んでいます。


シャツのECOなはなしNO.2

*生分解繊維
微生物が分泌する酵素によって分解され最終的には土に戻る繊維の総称です。
天然繊維は勿論、化学繊維の再生繊維や半合成繊維は木材パルプやコットンリンターなどのセルロースを原料としているので生分解します。
石油などの化石資源とは異なり、光合成によりCO2を吸収して成長する植物原料を使用すれば最終的に廃棄焼却処分の段階でCO2を排出しても”温室効果”には繋がらないという考え方で「カーボンニュートラル」と呼ばれています。
”持続可能な社会”の実現には不可欠だと考えています。

image

●次回は絵表示のはなしです。

写真提供:信州大学繊維学部Fii施設