製品について/BRANDS

JATTS

なぜ「JATTS」が注目されるのか!

時代は今、肩肘を張らずに快適に生活することへの要求が高まるっています。そんな時代背景にピッタリなのが、シャツ素材で作った「JATTS/ジャッツ」です。
不思議な響きを持つこの名称は、シャツの生地で作ったジャケットであることに由来する、まったく新しいアイテムの商品名です。

JATTSの誕生から今日まで。

2003年 : 夏に快適に羽織れる「エコジャケ」を、目指し開発がスタート。
2004年 : シャツ売場に併設し試験販売を開始。
2005年 : 改良を繰り返し、本格的に店頭にて販売を開始。
2006年 : 夏の「クールビズスタイル」のアイテムとして脚光を浴びる。
2008年 : 夏の代名詞「麻」素材とのマッチングで好評化を得る。
2010年 : 「HYBRID SENSOR(商標)」ポリエステル100%素材と出会う。
2011年 : 「家で洗えるエコジャケ」として市場デビュー。
2012年 : ジャッツが「夏の快適ジャケット」として定着する。
2014年 : イタリアで開催される「Pitti Uomo」に出展し、評価を得る。
2016年 : 夏のみならず冬の軽量ジャケットとして市場を拡大する。
2017年 : 新たなカジュアルウェアとして市場を拡大する。
2018年 : さらにセットアップスーツに進化させ、店頭展開を目指す。

圧倒的な軽さ

その軽さはシャツの約1.5枚分。肩パットなし、裏地なしの一枚仕立てだから、まるで薄手のシャツを羽織るような感覚で着ることができる。
なかでもオリジナルのポリエステル素材は糸から軽い。
“着ていることを忘れそう”とはまさにこのこと。

ケアが簡単

蒸し暑い夏に快適に着ていただくことを想定し開発された商品なので、通気性も高く着用時のシワは気になりません。
汚れたら家で洗え、アイロンなしでそのまま着れます。出張に旅行に最適です。


驚きと感動の軽さ。

JATTS by Hybridsensor

とにかく軽く、涼しい。
素材に伸縮性があるので動きにくさを全く感じません。

軽い着心地が特徴のジャッツ。その素材に採用しているのがポリエステル100%素材の「ハイブリッドセンサー」。
軽量で形態安定性と吸水速乾性、それにストレッチ性に優れた高機能素材はジャッツとの相性がとてもよい。
その中でも特殊技術により細かい通気孔を開けた「ドットエアー」と呼ばれる織物は、1着が約220gという驚きの軽さを実現した。
風通しがよく爽やかな着心地は、装いをさらに快適にした。それぞれの柄は織りによる柄ではなく、高度な技術(高性能デジタルプリント)でプリントしたものである。

↑ドットエア素材には微細な通気功が無数に空いている


Pitti Uomo, Florence, Italy

イタリアで開催される「Pitti Uomo」に出展をしています。
これまでメンズシャツの世界で”最も快適な素材は綿100%”という常識を覆す、画期的な製品として発表。
ヨーロッパではタブーとされていたポリエステルに対する評価を変えつつあります。
ミラノを始めイタリア国内、またシンガポールなどのセレクトショップからオーダーを受け、日本製として納品されています。


2017 Autumn&Winter Collection