特許取得

左右の衿先が揃う型紙
ワイシャツは一般的に、ボタンを掛ける部分の左右の生地が重なるため、左側の襟の先端部分が、右側に比べてわずかながら下側にずれてしまうのが普通です。シャツを仕立てる際の「左右対称の裁断型」というこれまでのシャツ業界の常識を捨て、シャツの首回りのカーブを、あらかじめ左右非対称にしておき、ボタンを掛けて着用した際に、左右がぴったり揃うように工夫しました。その結果、襟先がきれいに揃いました。フレックスではすでに、海外生産を含む自社ブラント製品のすべてに、この特許の型紙を採用しております。

この違い、わかりますか?

特許取得型紙を使用した衿型とそうでない衿型とでは、左右の衿先があたる身頃の柄の位置が違うことが分かりますか?些細なことのようですが、美しいシャツの仕上がりにはとても大切なことなのです。
フレックスジャパン株式会社
長野本社|〒387-8601 長野県千曲市屋代2451 Tel.026-261-3000 info@flexjapan.co.jp |MAP
東京支社|〒103-0006 東京都中央区日本橋富沢町2-10NOVAビル Tel.03-3666-6391 |MAP
大阪営業所|〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町4-4-25 本町オルゴビル9階 Tel.06-6241-6411 |MAP
COPYRIGHT(C) FLEX JAPAN CO.,LTD. ALL RIGHT RESERVED.